犬が食べてはいけない食材

犬が食べてはいけない食材

愛犬が健康でいられるかどうかは飼い主の責任でもあります。
特に愛犬の食事は健康を大きく左右するものなので、食事を気を付けることも愛犬の健康のためになるのです。
健康補助のためサプリメントの利用を考えるのもいいでしょうが、まずは毎日の食事から見直し改善してみましょう。
人が普通に食べている食材の中には、犬が食べてはいけないものもありますので、知識を知っておく必要があります。
犬に食べさせてはいけない食材の一部をご紹介しますので、ぜひ知っておいてください。

 

【チョコレート】
味が濃くてチョコレートは美味しいですが、原材料であるカカオは犬にとって急性心不全の原因になりかねません。
下痢や嘔吐・痙攣などのリスクも高まりますので決して与えてはいけません。

 

 

【ネギ】
ネギ科の食材、タマネギやネギ、ニラやニンニクは犬の赤血球を破壊する可能性が高く貧血の原因となります。
貧血になることで下痢や嘔吐だけでなく血尿が出たり肝臓障害などのリスクも高まり、最悪命を落としてしまうケースもあります。
ネギ科の食材は犬には絶対にNGです。

 

【ケーキ】
最近は犬用のケーキがありそれは安全なのですが、人間用のケーキは絶対に与えてはいけません。
大量の砂糖を使って作られているケーキは、犬の砂糖許容量をオーバーしてしまうので生活習慣病の原因になります。
ケーキの他にも砂糖をいっぱい使っているお菓子などの類も決して与えないようにしましょう。