愛犬の健康管理をしましょう【身体を触る】

愛犬の健康管理をしましょう【身体を触る】

自分で体調不良を知らせられない愛犬の体調管理は、どのように行っていますか?
飼い主は犬の変化・変調にいち早く気付いてあげなければなりません。

 

サプリメントも活用しながら毎日の様子をしっかりチェックして、病気の早期発見に努めましょう。

 

「あれ、いつもと違う行動になっている」
そう思った時は体調不良のサインではないかと考え見逃さないようにしましょう。

 

毎日の健康管理は愛犬の健康に繋がりますので飼い主の義務だとも言えます。

 

今回は健康管理のチェック項目やどのように行えばいいのかなどをご紹介します。

 

①愛犬の体を触る
スキンシップとして体を触ることも大事ですが、毎日触っていると体の変化、些細な変化に気づきやすくなります。
・痛がる箇所がある
・毛並みが変わったようだ
・できものに気付いた
・臭いが変わった
・汚れやすくなった
など毎日触っていることで気付けることがありますので、動物病院に行く目安にもなります。
動物病院で相談して何もなければ安心、病気が見つかればすぐに治療に移れますので早期治療へとつながります。
ブラッシングしながら体を触ってあげることで気付けることが出てきますので、スキンシップの意味もこめて愛ある健康管理の一環として、愛犬の体を毎日触りましょう。

 

 

愛犬の健康管理をしましょう【各パーツのチェック】

飼い主にとって愛犬の健康管理は当然の義務です。
けれども食事を与えてサプリメントだけを与えていればOK、というわけでもありません。
飼い主はどのような健康管理を行わなければならないのかをご紹介しますので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

【目のチェック】
健康であれば澄んだ目をしていますが、不調だと目ヤニがついたり目ヤニの量が増えたり、涙を流していることもあります。
毎日目をチェックして不調のサインをキャッチしましょう。

 

【口内チェック】
現代では愛犬に歯磨きをするのはごく普通のことです。
犬も歯石がたまり虫歯になることがあります。
そうなれば全身麻酔による治療が必要となりますので大変な負担となります。
虫歯が原因で引き起こされる病気などもありますので、口臭や歯石チェックをして歯磨きをするようにしましょう。

 

【手足のチェック】
手足も毎日触っていると異変に気付くことがあります。
肉球の異変、痛がってる箇所がある、立ち方がいつもと違う…など、チェック項目は手足にもあります。

 

【耳のチェック】
耳の中を見てみてただれていないか、異臭がしないか、かゆがっていないかなど、毎日チェックしましょう。

 

【鼻のチェック】
健康であれば犬の鼻は濡れているものです。
けれども乾燥していたり鼻水が出ている場合には不調の可能性があります。

 

上記のチェック項目以外にも遊び方やエサの食べ方なども観察しましょう。
チェック対象となる点は少なくありませんので、毎日見ておきましょうね。