ペットのジェネリック医薬品

ペットのジェネリック医薬品

日頃から病院によく通っていたり、持病があって薬を使用している方は、ジェネリック医薬品についてご存知でしょう。

 

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期限が切れた後に、別のメーカーが同じ成分で同じ効果の薬を製造発売することです。

 

新薬の開発には莫大な資金がかかりますが、ジェネリック医薬品にはその必要がありません。

 

そのため、薬の価格を抑えることができるというメリットがあります。

 

後発の安い薬とはいっても、新薬と成分は同じです。

 

新薬で定着したブランド力は薄れるかもしれませんが、同じ成分で効果を得られれば良いという方は、積極的に利用しても問題ありません。

 

むしろ、価格が安いぶん、お得といえるのではないでしょうか。

 

 

ペットのくすりにも、人間と同じようにジェネリック医薬品が登場しています。

 

ペットのためのくすりには、健康保険が適用されません。

 

どうしても薬を高価に感じてしまうため、薬の購入に迷ってしまう人もいるでしょう。

 

ペットは人間のように「痛い」とは言えませんから、我慢して辛い思いをしているかもしれません。

 

それなのに、薬で適切な治療をしてあげることができないのは、飼い主にとっても辛いですね。

 

いざというときでもお金の心配をあまりせずにペットのくすりを購入できるのが、ジェネリック医薬品の良いところです。

 

そんなペットのためのジェネリック医薬品は、インターネットで海外から個人輸入をすることが可能です。

 

個人輸入代行の業者を利用すれば、誰でも簡単にジェネリック医薬品を手に入れることができますよ。

 

 

中には、動物病院でジェネリック医薬品を扱っているところもあります。

 

自分から申し出ることもできますから、薬が処方されるときにはジェネリック医薬品があるかどうかを聞いてみるとよいですよ。

関連ページ

ペットのくすりを輸入できる
ぺっとのくすりを輸入するときに、面倒な手続きを代行してくれる業者があります。
ペットのジェネリック医薬品が安い理由
すでに人間の病院でジェネリック医薬品を処方されたことがある方は、新薬より格安なのに驚いたのではないでしょうか。
ペットのジェネリック医薬品で節約
医薬品には、新薬に対して後発の薬というものがあります。
ペットの病気問題
長年ペットを飼っていても、病気には無頓着という飼い主さんもいます。
ペットの病気治療は保険適用外
ペットの体調が悪そうなときに、すぐに動物病院に連れて行けるに越したことはありません。
ペットのノミ・ダニ用くすり
ペットといえば、ノミやダニがつきものですね。
ペットのノミ駆除対策
ペットはたくさんの被毛で覆われている種類が多いため、ノミやダニはつきものです。
ペットのノミ対策「フロントライン」
ノミやダニにくわれることで、アレルギーを引き起こすペットもいます。
ペットの健康保険
ペットにも、健康保険があればいいのにと思ったことはありませんか?
ペットの保険と医療費用
ペットの医療費って、人間と比べるとバカ高いと思ったことがありませんか?
ペットのくすりの輸入は気楽?
ペットショップに行くと、かわいい子犬や子猫がじゃれている姿に癒されます。
ペットのくすりを個人輸入する責任
ペットが病気や怪我をしたときには、くすりが必要になることもあります。
ペットのくすりの輸入責任範囲
ペット用でも人間用でも、医薬品の個人輸入は自己責任の範囲で行うことになります。
ペットのくすりの必要性
ペットの具合が悪いとき、ノミやダニでかゆがっているとき、くすりをあげたいけれどなかなか飲んでくれないということがありませんか?
ペットにくすりをあげるとき続きその1
お宅のペットは、強制的にくすりを飲ませると受け入れるタイプですか?
ペットにくすりをあげるコツ
ペットにくすりをあげる苦労を思うと、くすりを買うのも迷ってしまうことがあります。
ペット用フィラリアのくすり
犬の病気の一つに、フィラリアがあります。
フィラリアの予防薬
フィラリアにかかっているのかもしれないと思ったら、動物病院に連れて行ってあげましょう。