ペットのくすりの輸入責任範囲

ペットのくすりの輸入責任範囲

ペット用でも人間用でも、医薬品の個人輸入は自己責任の範囲で行うことになります。

 

個人で使うだけの量が決められている他、輸入したことで起こった問題は全て輸入した個人の責任になるのです。

 

海外の医薬品といっても通常は製薬会社の正規品ですから、心配しすぎる必要はありません。

 

しかし、中には安さを売りに偽物を販売しているケースもあるといいます。

 

値段ばかりにつられて、偽物を購入してしまうようなことにならないよう注意しましょう。

 

 

正規の海外医薬品を利用する場合でも、個人輸入で購入したくすりである以上、自分以外の誰も責任を負ってくれません。

 

万が一のときのことを考えて、ペットのアレルギーなどを確認しておくのも大切です。

 

動物病院で処方された薬なら、あらかじめ問題が起こらないように気をつけてもらえるか、何か問題が起こっても獣医さんの責任となります。

 

薬は人間が使用しても副作用や飲み合わせの悪さがあるものですから、ペットにも十分注意してあげてください。

 

特に、アレルギーやくすりの併用には気をつけておくことが必要です。

 

 

そのような意味で、輸入したくすりの使用方法をしっかりチェックしておくのは最低条件です。

 

といっても外国語がよく理解できないという場合もありますから、輸入代行業者が案内してくれていると助かります。

 

多くの輸入代行業者がありますが、そのようなサービスが充実していると選びやすいですね。

関連ページ

ペットのくすりを輸入できる
ぺっとのくすりを輸入するときに、面倒な手続きを代行してくれる業者があります。
ペットのジェネリック医薬品
日頃から病院によく通っていたり、持病があって薬を使用している方は、ジェネリック医薬品についてご存知でしょう。
ペットのジェネリック医薬品が安い理由
すでに人間の病院でジェネリック医薬品を処方されたことがある方は、新薬より格安なのに驚いたのではないでしょうか。
ペットのジェネリック医薬品で節約
医薬品には、新薬に対して後発の薬というものがあります。
ペットの病気問題
長年ペットを飼っていても、病気には無頓着という飼い主さんもいます。
ペットの病気治療は保険適用外
ペットの体調が悪そうなときに、すぐに動物病院に連れて行けるに越したことはありません。
ペットのノミ・ダニ用くすり
ペットといえば、ノミやダニがつきものですね。
ペットのノミ駆除対策
ペットはたくさんの被毛で覆われている種類が多いため、ノミやダニはつきものです。
ペットのノミ対策「フロントライン」
ノミやダニにくわれることで、アレルギーを引き起こすペットもいます。
ペットの健康保険
ペットにも、健康保険があればいいのにと思ったことはありませんか?
ペットの保険と医療費用
ペットの医療費って、人間と比べるとバカ高いと思ったことがありませんか?
ペットのくすりの輸入は気楽?
ペットショップに行くと、かわいい子犬や子猫がじゃれている姿に癒されます。
ペットのくすりを個人輸入する責任
ペットが病気や怪我をしたときには、くすりが必要になることもあります。
ペットのくすりの必要性
ペットの具合が悪いとき、ノミやダニでかゆがっているとき、くすりをあげたいけれどなかなか飲んでくれないということがありませんか?
ペットにくすりをあげるとき続きその1
お宅のペットは、強制的にくすりを飲ませると受け入れるタイプですか?
ペットにくすりをあげるコツ
ペットにくすりをあげる苦労を思うと、くすりを買うのも迷ってしまうことがあります。
ペット用フィラリアのくすり
犬の病気の一つに、フィラリアがあります。
フィラリアの予防薬
フィラリアにかかっているのかもしれないと思ったら、動物病院に連れて行ってあげましょう。